おすすめの特選品 Bio

おすすめな凄い一品、お得で楽しい情報を、ご紹介します。

ご訪問、ありがとうございます !!

スプレー式醤油で、減塩対策 !

 

 毎日、お疲れ様です ピンクのチュリップアイコン

 

血圧の高い方や、心臓に疾患のある方などは、日頃から、塩分の摂り過ぎには注意されていることでしょう。

 

最近は、若い方でも、食生活の乱れからなのかは分かりませんが、高血圧症で、悩んでいる方も、いらっしゃいます。

 

以前は、一日の塩分の摂取量は、一日、10g 以下といわれた時もありましたが、現在、世界基準では、一日、5g 以下とされているそうです。

 

ラーメン、一杯分の塩分量が、約5g といわれていますので、ラーメン、一杯汁まで完食したら、その日は、アウトです(笑)

 

世界基準では、アウトですが、我が日本では、厚生労働省によって定められた日本人の食事摂取基準は、成人男性は8.0g未満、成人女性は7.0g未満となっていて、辛くも、セーフです。

 

でも、これは、一日の塩分摂取量の上限ですので、出来れば、少しでも、塩分を減らしたいものですね。

 

 毎日の食事で、気をつけたいのは、味噌汁の味付けや、醤油のかけ過ぎです。

 

味噌汁は、濃ゆ目のだしで、味を整え、みそを減らすと減塩対策になります。

 

味噌汁は、ほぼ、毎日食べるものですので、みそを、少々減らすだけでも、長い目で見れば、減塩効果は、きっと、高くなることでしょう。(毎日、食べない人も、いるかもしれませんが・・)

 

 

 それと、醤油のかけ過ぎにも、注意したいものです。

 

 

 醤油のかけ過ぎといえば、昔、田中角栄元首相の政務秘書を23年間務められた、早坂茂三さんが、書かれた『オヤジとわたし 頂点をきわめた男の物語―田中角栄との23年』 という本の中に、高級な老舗のうなぎ屋さんで、うな重を注文し、出された、焼き上がったうな重に、角栄さんは、ちゅちょなく、じゃぶじゃぶと、醤油をかけて、美味しそうに召し上がったという驚くべきエピソードが書かれていたのを、思い出しました。

 

ちなみに、うな重は、一人前、塩分量は、5,6gです。

 

これも、世界基準だと、即、アウトですw


また、角栄さんは、塩じゃけと、塩おむすびが、大好きで、選挙期間中も、よく食べていたと同書に、書かれていました。


しかし、角栄さんも、塩分を摂り過ぎが、原因なのかは不明ですが、悲しいかな脳梗塞で倒れられました。

 


 醤油大さじ一杯に、約3g の塩分が含まれているそうです。毎日、摂るものだからこそ、少しでも減らして、健康的な毎日を過ごしたいものです。


私の家では、減塩対策として、毎日の醤油の量を、少しでも減らすために、醤油さしの、上部にある小さな穴をセロファンテープで、塞いでいます。

 

醤油差しの種類によっては、穴のないものもあるかもしれませんが、この穴は、醤油が、よく出るように、最初から、開けてある穴です。

 

穴を塞ぐと、醤油の出るのを、かなり抑えられます。穴の開いた醤油指しを使われている方は、簡単ですので、ぜひ、減塩対策に、やってみて下さい。

 

醤油をかける時に、この穴を、指で押さえて、穴を塞ぐのも、簡単で良いです。


 また、最近人気の、スプレー式の醤油さしも、便利で、減塩対策に最適です。

 

真空キープで鮮度を保つ しょうゆスプレー S ( 30ml ) ワンプッシュ 約0.2ml KK-321

 


スプレー式の醤油さしも、いろいろな種類がありますが、この醤油さしは、内部に、フロート浮きがついているので、醤油が、空気に触れることなく、常に、真空状態を保てるので、醤油の鮮度が保てます。

 

ワンプシュで、0,2ml 霧状に噴射しますので、醤油のかけ過ぎを防げます。

 

かけ過ぎることがないので、料理の微妙な醤油の量を調整できます。

 

大きさは、SサイズとMサイズがあり、

 

Sサイズ 30ml 3㎝×11,5㎝

Mサイズ 80ml 4㎝×15,5㎝

 

と、小型軽量なので、持ち運びも簡単です。外出先でも、気軽に使えるのも、嬉しいです。


 高血圧症などの、生活習慣病は、日頃のちょっとした、心がけが大切です。

 

減塩対策や、糖質の摂り過ぎになどにも、気をつけて、いつまでも、健康で、楽しく、人生過ごしたいものです。

 

 

赤の星アイコン アマゾンさんから

 緑の星アイコン 楽天市場 AZstore 楽天市場店さんから